2008年09月06日

Lapita 10月号

特集は「マナーで磨く男の品格」

まさに今、ワタクシが必要としているスキル、「マナー」。
この特集を熟読して、
ますます「男(!)」を磨き上げたいと思います。

..じゃなくってぇ、

    続きを読む

Posted by bunkichisan at 22:27Comments(2)TrackBack(1)

2007年10月25日

レッドクリップ選定商品2008

文具王曰く、「教典」「至福の写真集」というこのカタログ本。
あちこちで評判だったので、たまらずゲットしてみました。
(もちろん通販

rcs.jpg







つくりも内容も、一般的なムック本に負けず劣らずのボリューム。

  続きを読む
Posted by bunkichisan at 21:24Comments(0)TrackBack(0)

2007年07月01日

みぎひだり

最近読んでおもしろかった本です。

futtfe.jpg







右は、フェラーリの記念モデルをデザインしたことで知られるデザイナーの著書。
ひとこと、数々のエピソードがとても具体的で、
海外のクルマが好きな方はとても楽しめる一冊だとおもいます。
また、著者の語る「日本人の知らないイタリア(人)」に感心 & 大笑い。

左は、今をときめくビッグ2(?!)の対談本。
混沌としている現在のネット社会ですが、
未来の可能性についてとにかく明るい展望を示した内容になってます。
文中に「媒体を自分で持てる快感」とあるのですが、たしかにねー、
ブログを通じて自分独自のネタを発信する快感って、あるかもですねー。

  続きを読む
Posted by bunkichisan at 23:30Comments(4)TrackBack(0)

2007年04月23日

雑貨カタログ No.90

話題の雑誌「雑貨カタログ」。
かなり雑貨寄りな視点からの文具紹介となっていますが、
個人的にとても楽しめました。

zakata.JPG







表紙の文具セレクトとレイアウトのセンス。
「愛しの文房具箱」と題した、スタイリストさんがコーディネートした文具箱。
通販コーナーにあるスペシャルな「文房具セット」などなど、
機能面についての記述はほぼ皆無ですが(笑)、
一般的な文具好きの発想とは一線を画す(?!)、
雑貨的楽しみ方のプレゼンはけっこう新鮮でした。

あ、そうそう、ツバメノートをモチーフにしたトートバッグにも
かなりそそられましたです。(*´∇`*)  
Posted by bunkichisan at 23:23Comments(7)TrackBack(0)

2007年02月16日

ロックアルバムのジャケ特集

Pen 誌の3/1号はロック好きさんには、けっこうたまらないかもです。
ジャケのデザイナーが登場したり、ボウイやストーンズなどの
カッコイイフォトがあったりと、なかなか盛りだくさんの内容。

pen193.jpg












気になる方は書店にてぜひどうぞー。
※当方、立ち読みにて確認。m(_ _)m

お疲れモードなので、今回はここまで。  
Posted by bunkichisan at 23:47Comments(0)TrackBack(0)

2006年12月04日

12/3 今日も立ち読み(汗)

pen誌の最新号(12/15号 No.189)があったので見てみました。
最近流行りの「デザイン家電」(←個人的にこの表現は好きでないです)が
巻頭の特集となってます。
どうも最近のは「見た目のインパクトの競い合い(的?!)」で、
狙いすぎというか、トリッキーさばかり強調しているというか、
あくまでも誌面での印象ですが、どれもいまいちピンときません。
その中でキラリ光って見えたのは、各メーカーのエスプレッソマシンです。
レバーやら配管やらがひしめく、そのメカメカしさはとても男心を惹く造形ですね。

本文とは関係ありませんが、広告で気になったものをいくつか。     続きを読む
Posted by bunkichisan at 12:11Comments(2)TrackBack(0)

2006年11月29日

11/29 今日の立ち読み

書店で「文房具で包む」という文具(絡み)本を発見。
さっそく見てみたらタイトルどおり、輪ゴムやゼムクリップ、
はたまた原稿用紙まで利用した、ギフトのラッピング例を紹介してました。
といっても、純粋なラッピングのノウハウ本ではなく、
きれいな写真満載の気軽なエッセイ集、といった趣。

すぐにできそうな、綴じ穴の補強シールやラベルシールをつかった
デコレーションも紹介しており、「手帳カバーあたりで試してみようかな?」、
とはおもってはみたものの、シンプルな手法だけにセンスが問われそうなので、
躊躇しているところです。
見た目、ますます貧相になりそうなんで..(ーー;)  
Posted by bunkichisan at 11:41Comments(6)TrackBack(0)