2008年11月09日

無印良品 アルミボールペン・黒 アルミシャープペン・黒

手帳やカレンダーを見てみようと、
数ヶ月ぶりに無印良品のショップに行ってきました。

ついでに文具コーナーを物色して購入したのがこのペン2本。

081109_1.jpg







何度かマイナーチェンジしながら、未だ発売されているシリーズですね。

  
今回、口金まわりのデザインの良さに気づいて購入に至りました。
写真では見えづらいですが、共にペン先付近で更にテーパー処理してあって、
なかなか絶妙な風情です。

081109_2.jpg







特にボールペンのほうは、ノックしてペン先を出すともう絶品のフォルム。


シャーペンもしっかりつくられていますよ。

081109_3.jpg







消しゴムのところのパーツもとてもキレイです。
(ボールペン共タグに MADE IN JAPAN と印字ありますね)


初期(?!)のシャーペンと比べてみました。

081109_4.jpg







クリップの位置、固定の仕様が変わって残念。
旧タイプのほうがノック部周りの処理も含めキレイです。


アルミボールペンをデザインするにあたって、
たぶん参考にしたであろうカランダッシュの849と。

081109_5.jpg







無印良品のほうは849に比べ、一回り長めで、一回り細く、
さらに六角の角もパキッと出ているのでスリムさが強調されています。
全体に漂うチープさが緩和されれば(?!)
もうちょっと注目されるペンになるかもしれませんが、
それじゃあ無印良品の文具らしくなくて変かもですね。(笑)


旧タイプに比べ主要パーツはほとんど変わっていないのに、
今回たまたま黒軸タイプを手にとったことで、いろいろ再発見がありました。
しかしクリップのつくり(位置とかノック周りにある「輪っか」)のおかげで、
凡庸さがますます強調されているような気がします。
そこがちょっと残念。

Posted by bunkichisan at 23:53│Comments(2)TrackBack(0) ペン! 

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
トラックバックありがとうございます。

マットブラックも出てましたっけ?チェック漏れだなあ。
少し前に発売されていた指紋ベタベタの真鍮ボールペンも同じデザインですよね。
なるほどカランダッシュに似てますね。でもこれはこれでひとつの完成されたフォルムですよね。
Posted by アルマーニ at 2008年11月11日 23:08
>これはこれでひとつの完成されたフォルム
文具以外にも「これは!」というものが、
いくつかありましたが(← 過去形)、
今回のペンの場合も、
唯一、かつての無印らしさが残っているペン、
と言えるかもしれません。
他に新たなラインナップの六角軸サインペンも見てみましたが、
ずいぶんと詰めが甘く、正直ガッカリでした。
Posted by ブンキチ at 2008年11月12日 23:39

コメントする

名前
 
  絵文字