2005年10月30日

美食街道津々浦々【実践編】

5df777ba.jpg今日はそば打ちを体験してきました。
自分たちで蒔いたそばを収穫して、その粉を打ったのですよ。「地産地消」(地元の生産物を地元で消費すること)を身をもって体験。

古民家がそば打ちの会場だったのですが、縁側で必死に粉をこねてみるのもなかなかオツな体験。素材の質はバツグンなのですが、完成したおそばのお味のほうはなかなかおもいどおりに行かないものです..(ーー;)

Posted by bunkichisan at 21:52│Comments(4)TrackBack(0) ナンデモ雑談 

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
お味がいまひとつということは、やっぱり難しいんですね。
でも、うらやましいです。
おそば、夏も冬もいつでも美味しいですよね〜
Posted by luckymarimo at 2005年10月30日 23:13
>お味がいまひとつ
粉をこねるとボソボソ。棒で延ばして包丁で切ると太さが不揃い。
茹でたお蕎麦はウドンのようで、腹持ちはよかったです。(;^_^A
Posted by ブンキチ at 2005年11月01日 23:34
蕎麦打ちですか、良いですね。
実は、蕎麦が結構好きでお土産といったら、蕎麦を買っていく事(自分の家に)が多いです。
一度やってみたいな〜〜って。何時かですが。(汗

Posted by bubu@ at 2005年11月05日 20:24
はじめまして♪
>一度やってみたいな〜
このそば打ち体験、自ら望んでの参加ではなかったのですが(汗)、
やってみるとけっこうおもしろかったですよ。
つくるプロセスを体験すると、おそばの楽しみ方も変わるかもしれません。(^^)
Posted by ブンキチ at 2005年11月06日 17:52

コメントする

名前
 
  絵文字