2005年09月25日

東京タワー

ba091b51.jpgスズキ カタナ(GSX1100S)がごくごく一部で静かなブーム。(笑)

カタナはドイツの工業デザイナー、ハンス・ムートがデザインしたものなのですが、ついでにおもいだしたのが、同じくムートがデザインした写真のGSX400X IMPULSE、だれがつけたかペットネーム?が「東京タワー」。(;^_^A

カタナ発表から4年後の1986年に発表されたのですが、センセーショナルなカタナとは対照的に、地味〜にその生涯を終えたと記憶しております。

「東京タワー」じゃねぇ〜(ーー;)

Posted by bunkichisan at 23:36│Comments(4)TrackBack(0) ナンデモ雑談 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/bunkichisan/50099673
この記事へのコメント
>カタナ発表から4年後の1986年

ということは、カタナが発表されたのは・・・俺が生まれる前orz

俺はバイクの免許取ったら絶対にカタナって決めているのですが、未だにコーヒーのオマケ止まり・・・
(頭がカッコイイのに、尻が物足りなく感じるのは俺だけ?

でも250ccが良いのですが、
世間では、小さなカタナは「小刀」「カッターナイフ」
などと可愛いネーミングで呼ばれているんですか?
(小刀は正式な名前?)


Posted by SUG at 2005年09月26日 10:56
>小刀
はじめて聞きましたが、おもしろいですね。
250と400もけっこう前の発売だとおもいましたけど、
まだ現行モデルでしたっけ?
ぜひ免許取って楽しんでくださいね!
Posted by ブンキチ at 2005年09月26日 21:42
カタナマニアなHPか何かで見かけて以来、気になっていたんです、小刀って呼び名(笑
Posted by SUG at 2005年09月26日 22:53
>カタナマニア
スズキのもっともポピュラーな国際的代表作といえば
「カタナ」か「GSX-R(油冷エンジン)」の2車種ではないでしょうか?
当時のGSX-R1100は世界最速で相当鳴らしてました。
Posted by ブンキチ at 2005年09月28日 00:12

コメントする

名前
 
  絵文字