2006年12月31日

本年もありがとうございました

年末の諸行事等が重なり、
いつの間にやらエントリーが滞ってしまいました。(ーー;)

しかしながら、訪問くださるたくさんの皆様のおかげで、
本年も楽しくブログを運営させていただきました。感謝申し上げます。
明日あたりから、通常通りにエントリーを開始できればと考えております。
よろしければ、また見にきてくださいね。(^^)

以上簡単ではありますが、御礼まで。m(_ _)m  

Posted by bunkichisan at 17:23Comments(7)TrackBack(0)

2006年12月20日

無印疎遠

最新商品(文具)についての情報もあまり耳に入ってこないですし、
ショップが遠方なこともあり、近頃無印良品とは疎遠になってます。
ファミマでも、ここしばらくの扱いは定番系のラインナップですね。

ちょっと前までの「 新発売 → すぐに廃版 」という
悪循環もおもいだされますが、そういうことから考えると、
定番品を安定して供給することは、(特に)一般ユーザーに信頼感を与える
良い傾向といえるかもしれません。
が、好きな方から見ると、わたしも含めちょっと物足りない?!?!..(ーー;)

mipn.jpg







現在ファミマに並んでいる、最も廉価なラバーグリップ付きのペンは、
シンプルなデザインと半透明のボディなど、
無印らしさを演出しようとしている様(?!)がわかるのですが、
写真の2本のほうが、わたしの中での「無印らしさ」がイメージされるペン。

写真のタイプの無印ペンをつかっている方をたびたびお見かけするのですが、
偶然なのか、クリップを根本から破損させている方多数..(;^_^A  
Posted by bunkichisan at 23:29Comments(2)TrackBack(0)

2006年12月18日

合体技

サンクスにて発見。

lp_1.JPG







        ↓

lp_2.JPG





    続きを読む
Posted by bunkichisan at 23:22Comments(11)TrackBack(0)

2006年12月15日

リリー・フランキー・ゴーズ・トゥ・ハリウッド

が正式名だそうですビックリ。(→ 人気のイラストレーター・エッセイストさん

何とお名前そのまま、フランキー・ゴーズ・トゥ・ハリウッド(以下FGTH)に
由縁するとのことらしいですが(なつかしー!)、
FGTHのファーストアルバムは、わたしが米英のヒットチャートを追っかけてたころ、
かなり爆発的に売れてたので、それにつられて購入した一枚です。(レコードで2枚組)

当時プロデューサーとして売れっ子だった、トレヴァー・ホーン自らのレーベル
「ZTT」から発売された、80年代的ダンサブルなサウンド。
そうそう、ステレオのボリューム、ガンガン上げて聴いてたなー♪
(当時は12インチシングルも流行ってました)

たまたまWEB上で見つけたので、ネタにしてみました。
なぜか雑ネタ連発DAY。(;^_^A

ちなみに人気のイラストレーター・エッセイストさんの活動については
個人的に全く関心がないのでよくわかりません。
(特にファンの方)ご容赦のほど。m(_ _)m  
Posted by bunkichisan at 23:40Comments(4)TrackBack(0)

新業態の雑貨店

オープンしたそうです。

>秋田、盛岡などの伝統工芸品など

>ツバメノート(台東区)や北星鉛筆(中央区)など
>老舗メーカーのステーショナリー


都内の方がうらやましい。ヽ(ー_ー )ノ  
Posted by bunkichisan at 22:19Comments(0)TrackBack(0)

手作り年賀状ツール

先日わっしーさん宛に送った手作り年賀状
ずいぶんと稚拙な仕上がりとなってしまいましたが(汗)、
今回の作成でもエンボスツールを活用したので、
ちょこっとご紹介いたします。

embsp_1.JPG







なお年賀状の完成画像は、わっしーさんブログをご参照ください。
(行ったり来たりになりそうですが、すみません)     続きを読む
Posted by bunkichisan at 20:55Comments(2)TrackBack(0)

2006年12月11日

微妙..

大好きな雑貨ブランドのひとつ、伊ALESSI
さまざまなデザイナーを起用した、ユニークな商品づくりにいつも注目してますが、
今回、なんと三菱鉛筆とのコラボ商品である「ALESSI PENS」が発売されるとの告知発見。
最近ALESSIの新しい文具ラインが発売されたようなので、
今回発表されたペンはそのラインナップのひとつになるのでしょうが、
「んー..なんで三菱鉛筆とぉ?」と、
なんか腑に落ちない組み合わせに小首をかしげてしまうのでした。(ーー;)

aps.jpg







しかし、ブランドを意識したとおもわれる価格帯は仕方ないとしても、
写真を見た限りでは、あんまり惹かれるものがなさそうな気が..(;^_^A


※追記1:
欧米での「uni」ブランドの浸透度を考えると、
一般筆記具に関して、「 uni + ALESSI 」という組み合わせは
あり得ないことではないかも、とおもってみたり..(信憑度は低いですが 汗)

※追記2:
サイトの説明によりますと、

>ペン軸には、タングステンを練りこんだ高比重樹脂を採用したことにより
>重量感を付与し、かつメッキを施した金属調の仕上げとなっています。

金属調の樹脂製ボディ、なんですね。  
Posted by bunkichisan at 00:48Comments(12)TrackBack(0)