2005年10月30日

美食街道津々浦々【実践編】

5df777ba.jpg今日はそば打ちを体験してきました。
自分たちで蒔いたそばを収穫して、その粉を打ったのですよ。「地産地消」(地元の生産物を地元で消費すること)を身をもって体験。

古民家がそば打ちの会場だったのですが、縁側で必死に粉をこねてみるのもなかなかオツな体験。素材の質はバツグンなのですが、完成したおそばのお味のほうはなかなかおもいどおりに行かないものです..(ーー;)  

Posted by bunkichisan at 21:52Comments(4)TrackBack(0)

2005年10月29日

美食街道津々浦々【再アップ編】

19ee2dc3.jpg地元のイタリア料理店です。いつもお世話になっているので再アップしてみました。
食には疎いほうなので、常時ワインセラーに30本以上ワインをキープしているマニアな知人と訪れて、ウンチクを聞きながらワイン & お料理を楽しんでいます。

ここ花巻市は宮沢賢治の生誕地として全国に知られているのですが、首都圏をはじめとした全国の賢治ファンの方々はとても熱心なかたが多いみたいで、リピーターさんもけかなりおられるようです。そしてその賢治ファンが花巻にきてお食事に立ち寄るという、知る人ぞ知る名店がココ♪
  続きを読む
Posted by bunkichisan at 23:59Comments(0)TrackBack(0)

2005年10月28日

世界初?!

4cce2d3b.JPGホームセンターで見つけたゼブラの「ジェル・シャーボ」。シンプルなデザインと、ステンレスのしっかりしたクリップが特徴といえば?特徴のペン。
しかしながら、吊しのパッケージには「世界初!」の文字が。

うーん、なぜこのペンが「世界初!」なのか。
「ジェルインクの複合ペンといったら、ぺんてるのハイブリッドや三菱鉛筆にも似たようなのがあったはずだしなぁ〜..しかもそれらは赤インクのリフィルまで内蔵されているはず..」などと、売り場通路で小一時間。

文具の世界で、なかなか「世界初!」の文字はお目にかかれないとおもい、「ジェル・シャーボ」でググってみましたよ。ひっかかった「ジェル・シャーボ」のページには「世界初!」の文字はナシ。
もひとつひっかかったゼブラの歴史のページ。そこには「1999年 1本でジェルインクボールペンとシャープが使える「ジェル・シャーボ」発売」との記述が。

「あ〜、ナルホド。1999年当時は世界初!だったのかぁ♪」ということみたいです。
もしこのまま表示するなら、「世界初、でした!」と訂正してほしいところですが..(ーー;)

ちなみに「世界初 ジェル・シャーボ」でググっても、正確な検索結果は出てきません。(;^_^A  
Posted by bunkichisan at 19:23Comments(7)TrackBack(0)

2005年10月27日

くらしのMUJI

90d7634c.JPGたびたび購入する無印良品の商品。特に意識しないで、ふだんづかいしているものがいくつかあります。

写真のは「サイドコンセントタップ」。2年以上前に購入したと記憶しているのですが、なんとまだ販売されているようです。隠れた人気商品なのでしょうか?
つかいかたはカンタン。コンセントにガバッとかぶせることで、4つ口コンセントに早変わり。
本来のコンセプトは、デザインからしてたぶん「見た目あまり美しくないコンセントを、機能は残しながらその存在感を消し去る」みたいな?ものだとおもうのですが、実際は取り付けてもそんなにカッコよいとはおもいません。でもふつうのテーブルタップ(コードが長かったりする)やタコ足配線にするよりはスッキリとおさまります。本体の薄さが効いているのですね。ちなみに価格はけっこう高いです。

ふだんは写真のように表舞台では活躍することなく、もっと陰のほうで静か〜に働いてもらってます。  
Posted by bunkichisan at 22:19Comments(6)TrackBack(0)

2005年10月26日

父親が、

69dbfaa7.JPG知らないうちに立派なデジカメをゲットしておりました。カメラ好きの知人に選んでもらったそうです。「LEICA」と書いたシールが貼ってあるので、レンズがかの有名な「ライカ」製のものなのでしょう。本当はつかってみたいともおもうのですが、つかいこなせないこと確実なので、しばらくは触れないでおこうとおもっています。価格も少々気になるところですが、まず間違いないとおもわれるのは、わたしの今つかっている「展示品現品大特価!19,800円!(だった筈)」デジカメより遙かに高額であろう、ということです。  
Posted by bunkichisan at 21:52Comments(4)TrackBack(0)

2005年10月25日

オリーブ × LAMY

4cb47738.jpg「ひとりオリーブ祭り」(笑)の最後を飾るアイテムは、旬な一本「LAMY tipo PL」です。

握ってみて、筆記してみておもったのは「軽量、軽快」。ALも持っているのですが、ボディの材質が違うだけなのにまるで別のペンのようです。カジュアルなカラーバリエーションも相まって、気軽につかえる一本だとおもいます。リフィルも変わっていないのに、インクフローもさらに良くなったようなかんじ。気軽に購入できる良質なペンですね。

みなさんのエントリーを見るかぎりではオレンジとオリーブが人気のようですが、はたして「ピンク」をアップされるかたはおられるのでしょうか?(^^)  
Posted by bunkichisan at 23:58Comments(13)TrackBack(0)

2005年10月24日

オリーブ × オレンジ

01ab8dc3.JPG先月地元の雑貨屋さんマグカップを購入したときにオーダーしていた、ROBEXのカトラリートレーがつい先日届きました。

ROBEXは雑貨屋さんでいくつかアイテムを陳列してあったのを見て、初めて知ったのですが、素材が耐熱樹脂ということもあって串団子のようなものや、とぐろを巻いたようなかたちのものなど、造形がけっこう過激。(基本アイテムは食器類です)

しかしコレ、個人的にグラッときたのがそこに施されているカラーリング。ただの原色などではなく、絶妙な鮮やかさがとても印象的な色合いなんです。過激なカタチを独特のカラーリングでコントロールしているところは「う〜ん、さすがイタリア〜ン♪」とおもわず唸ってしまうような出来。オモチャっぽくなく、品のよさが際だっています。

写真を撮るにあたって、とりあえずペンをおいてみましたが、用途は只今考え中です。見えるところでつかいたい逸品♪
(見た目によらず、お求めやすい価格も魅力)  
Posted by bunkichisan at 21:44Comments(3)TrackBack(0)